『白樺ビート”生”』販売中!

「白樺ビート」は、春先の一時期にだけ採取できる貴重な白樺の「樹液水」を、仕込み水の一部に利用して醸造したラガー(下面発酵)タイプの生ビールです。

カバノキ科の落葉樹である白樺は、3月から4月にかけ、来たる芽吹きの季節に備えて大地から吸いあげた大量の水分を幹のなかに保持します。この「白樺樹液水」は、ミネラルを豊富に含み、洋の東西を問わず太古から人々の生活を潤してきた“森の看護士”とも呼ばれています。ほのかな甘味を持つことから現在は飲用に加えて人工甘味料「キシリトール」の原料にもなるほか、保湿力の高さから各種化粧品にも利用されています。

そんな樹液水を、標高約1280m に位置する八ヶ岳ブルワリーは、まだ高原に雪が残る3 月から4 月にかけ、当社敷地内に群生する白樺の木々から毎年少しずつ “おすそ分け”してもらいます。夜のうち、光沢を帯びた白色の樹皮に直径および深さ2cm ほどの小さな穴を開け、ビニール管の片方をその穴に、もう片方を容器に差し込みます。そうして、ゆっくりと滴ってきた樹液を明け方に回収します。

採取できるのは1 年のうち3週間ほど。一定の期間を過ぎれば樹液水はピタリと止まってしまいます。また、大切なのは採集したあと、幹に開けた穴を同じような材質の木片で埋めること。そうすれば1年後にはかさぶたのように穴もふさがり、木々が枯れてしまうこともありません。

そうして採取した白樺樹液水を、ビールの仕込み段階で投入したのが「白樺ビート」です。樹液水に含まれるほんのりとした甘味が活きるよう、麦芽由来の糖は可能なかぎり発酵段階で使い切っているほか、ドイツ・ハラタウ産とチェコ・ザーツ産のアロマホップによる清涼感あふれる香りを前面に押し出したレシピによって、飲みやすく、すっきりとしたフレーバーに仕上げました。

さらに、今回は輪切りにした白樺の幹を一部麦汁に浸して煮沸を行うことにより、森林浴で感じられるような若々しい木々の香りも付与しています。苦味づけのホップは控え目にした一方、きりっとした飲み口ながらも奥行きのあるモルト本来の旨味、そして樹液水のふくよかな甘味を活かした、八ヶ岳ブルワリーならではの特徴を満載したビールになりました。