はじめに
 山梨県清里高原萌木の村博物館「ホール・オブ・ホールズ」は、アンティーク・オルゴールを含む自動演奏楽器と、日本の伝統的な食器を収蔵・展示・研究しています。
なかでも自動演奏楽器については、実際にその演奏を楽しんでいただくことを中心に多彩な活動を行っています。
レコードやラジオが発達するまで、人々の暮らしにさまざまな音楽を提供してきた自動演奏楽器は、その演奏を通じて私たちに過去の人々の感性や驚き、感動をそのままに伝えてくれます。
 また、暮らしの中で使われてきた日本の伝統的な食器は、私たちの祖先の美意識を伝えるとともに、こころ豊かな生活をおくるためのヒントを示してくれます。
 過ぎ去った時代の暮らしや文化を次世代に受け継ぐ役割を果たしつつ、楽しく開かれたミュージアムとして活動を続けています。