音楽家と楽しむオルゴールの世界
 音楽とオルゴールが、共に華やかな栄耀を誇った19世紀のヨーロッパ。この次代を探訪しながら、現代に甦る音と技術を体感するコンサート。皆様をご案内するのは、世界で活躍する音楽家。一流の演奏そして興がつきない語りで、音楽の楽しさと奥深さを伝えます。目の前で聴く音楽家の生演奏は、劇場とは違った臨場感。お客様とのコミュニケーショントークも芸術を身近に感じることのできるひとときです。オルゴールの魅力を、音楽家の目線でひも解いて行くホール・オブ・ホールズの新企画にどうぞご期待ください。
  
■ コンサートスケジュール

会場/オルゴール展示室 会場/カフェ・ラ・リモネール
OPEN 11:00〜16:00
10:15〜10:35
[オルゴール演奏(約20分)]
カフェご利用時には
アンティークオルゴール、
自動演奏楽器をお聴きになれます。
11:15〜12:00
[音楽家と楽しむオルゴールの世界]
12:30〜12:50
[オルゴール演奏(約20分)]
13:15〜13:35
[オルゴール演奏(約20分)]
  13:35〜14:05
[ピアノ演奏(土日祝日のみ)]
14:15〜14:35
[オルゴール演奏(約20分)]
 
  14:35〜15:05
[ピアノ演奏(土日祝日のみ)]
15:15〜15:35
[オルゴール演奏(約20分)]
 
16:15〜17:00
[オルゴール演奏(約20分)]
 
※音楽家出演スケジュールでカフェ演奏の記載がある日は、カフェのコンサートは音楽家のコンサートになります。
また、音楽家出演スケジュールに午後の出演記載がある場合は、16:15〜17:00のコンサートは音楽家のコンサートになります。詳しくは下記までお問い合わせください。

大森たつし【マリンバ】 
マリンバ、パーカッション奏者としてクラシックの古典作品から現代音楽・ポップスまで、絶妙な音楽的洞察力と表現力の高さが高く評価されている。 クラシックの古典作品から現代音楽・ポップスまで、表現力の高さと絶妙な音楽的洞察力が、高く評価されている。
1980年神奈川県横須賀市生まれ。洗足学園音楽大学音楽科器楽専攻打楽器コース卒業。角田桂子、岡田知之、クリストファー・ハーディ、白石元一郎各氏に師事。
1999年Marimba & Percussion Duo「Cheer's」でデビュー。2001年より田辺製薬主催「マリンバソロリサイタル」を銀座十字屋にて5回にわたり開催。
2004年「日本領事館主催コンサート」(スイス)、2005年「英国王立音楽院」(イギリス)にて公演。2003年-2009年、American Wind Symphony Orchestraの客員打楽器奏者として「America Beaver Valley International Art Festival」「International Festival of Arts & Ideas」「The Lancaster Summer Art Festival」(アメリカ)などに参加し、新曲初演、ソロ演奏、室内楽、CDレコーディングを行う。 200回を超える海外公演の他、国内では「文化賞授賞式記念式典」「愛子様御生誕祝賀コンサート」、オーケストラとの共演など公演多数。2012年12月「中村キース・ヘリング美術館」(山梨県)にて「大森たつしマリンバコンサート ―光と闇―」を開催。モダンアートとのコラボレーションを試みる。2014年より、清里萌木の村オルゴール博物館「HALL of HALLS」(山梨県)「音楽家と楽しむオルゴール」に出演。オルゴールとのコラボレーションCDアルバム「UTOPIA」製作。2017年現在、山梨県北杜市に移住し、テレビ出演、ラジオ番組のパーソナリティー、様々なCD・ CM・映画音楽のレコーディングに参加、槇原敬之・元ちとせ・スキマスイッチ・山崎まさよし等のミュージシャンのサポート、『やまなし大使』として山梨県のPR等、活動範囲を広げている。自身のワークショップやマスタークラスも開催し、全日本吹奏楽連盟主催のコンクール審査員を務めるなど、後進の育成にも携わる。
【 公式ホームページ 】http://tatsushiomori.com
成尾亜矢子【ピアノ】 
2002年 神戸女学院大学 音楽学部 卒業
2003年1月 ~ 2004年1月 準ミス日本としてミス日本の活動に参加
2004 ~ 2017年 奈良(学園前ホール・秋篠音楽堂)、大阪(イシハラホール)、パリ、東京 (ムジカーザ・東京オペラシティ・銀座 王子ホール)、 軽井沢 (大賀ホール) での ソロリサイタル開催を始め 病院・学校・ショッピングモールなどの商業施設(群馬・前橋けやきウォーク,長野・上田アリオ,大阪 ヒルトンプラザ)にてお話つきコンサートが好評を博す。
また、原爆投下で奇跡的に残った「被爆ピアノ」を演奏する 「 いのちのコンサート 」を展開。
2012年からは 新たに「環境問題」をテーマとしたコンサート、 また2015 ~ 2016年にかけ大阪・守口市にて「春夏秋冬」4回シリーズ、季節をテーマにしたコンサートを開催。
その他、NPO法人「若竹塾」主催,美容師の育成・感性美学を学ぶ 「スーパースタイリスト検定」、 (東京)立川市、(大阪)守口市,東大阪市にて「文化芸術講座」「市民講座」の講師を務めるなど、多方面で活躍中。
2013年 1stアルバム 「祈り」 リリース。
2017年 名古屋・愛知芸術センターにて 成尾亜矢子ドキュメンタリー「一音一会 ~心に寄り添う奏で~」 上映。(「Youtubeにて動画配信。「成尾亜矢子」で検索、またはhttps://youtu.be/fBSTpM38iogで視聴可能。)
また、音楽と演劇の融合した全編一人芝居で綴る物語形式の新たなスタイルのリサイタル「ショパンの人生、その愛」を展開中。
【 公式ホームページ 】https://naruo-ayako.net/
福井マナ【ピアノ】 
桐朋学園大学ピアノ科を卒業後、パリに留学。パリ17区コンセルヴァトワールピアノ科、伴奏科を満場一致のプルミエ・プリで卒業したのち、クラマール地方音楽院にて室内楽と、コレペティトールとして声楽クラスの指導、また、シャラントン音楽院にてピアノ科教授として後進の指導にあたる。シャラントン市後援の現代音楽祭、“Musique de notre temps” に定期的に参加。また、高い初見能力、室内楽の豊富なレパートリーを高く評価され、フランス政府国家音楽家資格試験(DEM)、クルシュヴェル国際音楽祭を始めとした数々のフェスティヴァル、国際コンクール等で公式伴奏員を務めつつ、パリを拠点にヨーロッパ各地でリサイタル、室内楽を中心に演奏活動を行う。2011年の東北・東日本大震災を受け、クラマール市で震災被災者支援の為の団体、”Espoir du Soleil” を立ち上げ、代表兼アーティスト・ディレクターとして支援コンサート、イベントの企画、開催を毎年行ってきた。また、堪能なフランス語を生かし、通訳の経験も豊富。ピアノを今井顕、野島稔、コレット・ゼラ、ピアノ伴奏法を野平一郎、ジャン・ケルネルの各氏に師事。
大澤歩土【テノール】 
山梨県北杜市出身。東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業。2015年より毎年、山梨メセナ協会から助成を受けてイタリア・シチリア島カターニアへ短期留学、ジュゼッペ・コスタンツォ氏の元で研鑽を積む。北杜市・八ヶ岳やまびこホールにてソロリサイタルを2回開催、好評を得る。その他、オペレッタ「こうもり」プリント役、オペレッタ「メリーウィドウ」カスカーダ役、ベートーヴェン交響曲第九番テノールソリスト、三越カルチャーサロン講座ランチコンサートなど、様々なコンサートに多数出演。第17回日本演奏家コンクール声楽部門第1位、合わせて横浜市長賞受賞。ジュゼッペ・ラチーティ国際音楽コンクール声楽部門第1位(シチリア)、シラクーサ国際声楽コンクール第2位(1位なし)。これまでに声楽を大槻義昭、川上洋司、金森静子、竹川理恵の各氏に師事。河口湖オルゴールの森美術館「自動演奏楽器とオペラ歌手の共演」出演中。八ヶ岳小淵沢エコーコーラス指揮者。現在山梨県を拠点に演奏活動、指導を行っている。
柗井拓野(まついたくや)【サクソフォーン】】 
千葉県柏市出身。柏市立酒井根中学校、柏市立柏高等学校、洗足学園音楽大学を卒業。
大学在学中は特別選抜演奏者、前田記念奨学金奨学生に認定される。グラズノフ作曲コンチェルトを洗足サクソフォーンオーケストラと共演。数々のオーディションに合格し、多数の演奏会に参加。2016年日本を代表するJazz Saxophone奏者のMALTA氏が代表を務める株式会社マルタジャパンよりアーティスト契約をしデビュー。
TrumpetとSaxophoneのデュオ《Passo a Passo》を結成し各方面で演奏活動を行なっている。Passo a Passoとして1stアルバム『Ġ did fuzjoninja』を発売。
現在は演奏活動を中心に、楽譜出版会社や多数アーティストのレコーディングに参加するなど様々な場で活動をしている。 その傍サクソフォーンの指導、小学校、中学校、高等学校の吹奏楽部バント指導を行う。
森 由紀恵【フルート】 
3歳よりピアノ、12歳よりフルートを始める。尚美学園短期大学(現 尚美学園大学)音楽学科卒業。
在学中、1年次において尚美コンクール管弦打楽器部門3位入賞。1年次修了時に学科、実技共に特に優秀な成績を収めた学生に授与される研究奨励賞受賞。卒業演奏会出演。日本フルート協会主催フルートデビューリサイタル出演。フルートを西田直孝、齋藤賀雄、増永弘昭、細川順三、中野富雄、糸井正博の各氏に師事。
2005年、コバケンとその仲間たちオーケストラ イン スペシャルオリンピックス 白馬コンサートにオーケストラメンバーとして参加。2006年より、千葉京成ホテルミラマーレにて毎週末開催の「トワイライトコンサート」にレギュラー出演。2013年2月、二人のフルーティストによるコンサート(いちかわ西洋館倶楽部)、2014年11月、森 由紀恵フルートサロンコンサート~フルートとピアノと優しい秋風と~(cafeどんぐりの木)を開催の他、ホテルのディナーコンサートやスクールコンサートへの出演、各種イベントへのゲスト出演など多数。主に千葉県内、都内においてソロやアンサンブル等での演奏活動を精力的に行っている。
木内 愛菜【ピアノ】 
武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ科専攻卒業。
2008年より山梨県清里萌木の村ホテル ハット・ウォールデンにおいて「小さな森のピアノコンサート」を定期的に開催してきた。
2013、15、16年ポーランド国立ショパン音楽大学夏期ピアノセミナー受講。
ディプロマ取得。修了コンサートに出演。
現在、東京、横浜を始め、全国各地にてムジカショピーナ主催のジョイントコンサートに出演を重ねながら、地元長野県佐久市、軽井沢を中心に演奏活動を行っている。FM佐久平My home town music第2木曜日パーソナリティーを勤めている。
これまでに松島恵子、澤田紀子、奥村美佳、カジミエシュ・ギェルジョド各氏に師事。ショパン協会長野支部理事。