ニュース&トピックス ニュース&トピックス

楽しい音色が聞こえてきます

TOPICS | 16.08.24

160824-1

萌木の村には夏ならではの風景があり、そこにはいつも楽しい音楽が流れています。

森のメリーゴーラウンドのデッキに行くと、毎年似顔絵描きのお兄さんが楽器を奏でています。

澤村信哉さんといいます。普段はフィリピンで児童養護施設を運営し,子どもたちと共同生活をされています。

夏の間だけ、清里に出稼ぎにきています。それも今年で19年目を迎えました。最初は大学生だったそうです。

 

160824-2

10種類ほどの楽器を常備されていて、かわるがわる即興で演奏してくれます。また、小さいお子さんがデッキに訪れると、操り人形のパフォーマンスを見せて楽しませてくれます。

 

160824-3

こちらが本業(?)の似顔絵。

 

160824-4

主にクレヨンで描いて、指の腹でやさしい効果をつけます。

うん、かわいく出来上がりましたよ!

今年の清里での営業もあと一週間、8/31までは毎日メリーゴーラウンド前で待ってますよ。

 

160824-5

広場に降りると、そこでは青空ライブが開催されていました。

萌木の村ではもうお馴染みの「インカニャン」の皆さんです。

 

160824-6

名曲「コンドルは飛んでいく」の原曲バージョンをはじめ、主にアンデス地方の民族音楽を中心に、悠久の調べを聴かせてくれます。

この夏の活動は、やっぱり8/31まで。

11:30〜、13:30〜、15:00〜の3回の演奏をお楽しみいただけます。

(※10月までは国内のツアーを回っているそうで、その間何度か清里に立ち寄ってくれるみたいです)

わりとノリのいい曲が多く、初めて聴かれたお客様も、体全体でリズムをとっておられました。心揺さぶる、元気の出て来る音楽なのですね。

 

【オフィシャルサイト「アンデスの風」】