News

お知らせ

〈掲載情報〉雑誌「GOETHE」1月号に掲載していただきました!

2023.12.30

お知らせ

メディア情報

先月末に発売された雑誌「GOETHE(ゲーテ)」1月号、[総力特集 濃い人生にはお酒が必要だ!ニッポンのSAKE]特集にて、萌木の村を紹介していただきました。

「超絶コレクション公開!〝飲めない男〟の日本ウイスキー賛歌」と題し、萌木の村で所蔵しているオールドウイスキーを紹介。

ホテル ハット・ウォールデンBar Perchを建設するに当たり、社長が全国の酒店約3000店を10年ほどかけて回り、集めたのが数千本に及ぶ古い日本のウイスキーでした。

その後、毎夏開催する野外バレエ「清里フィールドバレエ」の演目をイメージしたウイスキーを、サントリー名誉ブレンダー輿水精一さんにブレンドしていただくことが叶い、現在も毎年萌木の村オリジナルウイスキーをリリースしています。

タイトルの通り、社長は体質的にお酒がほとんど飲めないのです。

それなのに古いウイスキーを集めたり、ウイスキーもクラフトビールも造ってしまう不思議さ…

それはなぜかと紐解いていくと、幼少期の記憶に辿り着きます。

社長が慕っていた清里開拓の父・ポール・ラッシュ博士は大のお酒好き。そのことについて記事中でも回想しています。

「先生はいつもいろいろな人たちとウイスキーを飲みながら、楽しそうにアイデアを出し、さまざまな決定をされていました。ウイスキーを飲み交わす大人たちは全員が幸せそうだったんです。私自身は大人になっても酒が飲めませんでしたが、ウイスキーに対する憧れはずっと抱いていました」―

「GEOTHE」より引用

萌木の村のお酒文化のルーツに触れられる記事となっています。

WEBでも全文読めますので、ぜひご覧いただけましたら幸いです。

https://goetheweb.jp/gourmet/article/20231208-joji-funaki?heading=2

そして、同じ北杜市内の七賢さんも一緒に特集されていますので、こちらも併せてぜひ!

https://goetheweb.jp/gourmet/article/20231206-shichiken

さらに、100周年を迎えたサントリー白州工場の紹介も!

https://goetheweb.jp/gourmet/article/20231213-yamazaki-hakushu

…こうして考えると、山梨の、北杜市の、お酒文化の高さは凄いですね!

そして、ホテル内Bar Perchでは「清里フィールドバレエウイスキー」はもちろん、種類豊富なウイスキーやカクテルをご用意しております。

お酒玄人さんも、初心者さんもぜひぜひ足をお運びくださいませ。

どんな夜も、みなさまのお越しをお待ちしております🌛

PAGE TOP